住所:〒612-8313 京都府京都市伏見区西鍵屋町412

お問い合わせ・ご相談はお電話で

眼科一般
休診日/木曜・日曜祝日・土曜午後・火曜午後
※土曜日のみ予約制

診療のご案内

Information on medical treatment

診療のご案内

Medical treatment

眼鏡処方・コンタクトレンズ 検査


検査・診察後、メガネの処方箋をお出ししております。特に成長期にかかるお子様の視力の矯正は、タイミングを悩まれている方も多いです。ゲームやスマホなど長時間、近くを見続ける時間が増えている昨今、仮性近視や近視になるお子さまが増えてきています。見えにくい状態をそのまま放置していると、どんどん進行してしまいます。視力が低下してきたら、早いうちに「田中医院」にお越しください。

花粉症・アレルギー


花粉症やアレルギーでは、主に結膜炎により目にかゆみやごろつきなどの症状が出る場合が多いです。一概には言えませんが多くは、埃やダニといったアレルギーをおこす物質に触れる事で起こる炎症です。主に、抗アレルギー剤点眼薬・ステロイド点眼薬等で治療します。花粉症はスギ、ヒノキだけではなく、イネ科の雑草やヨモギの雑草の花粉症も増えてきています。季節的なものもありますので、予防策や治療法などご相談がございましたら、お気軽にご来院ください。

ドライアイ


ドライアイは、パソコン・スマホを長時間使用する現代では、大人にもお子様にも非常に多い疾患です。長時間、見続けていると目が乾くことはありませんか?
涙液の分泌が減少して、眼表面が乾燥する事で起こる疾患とされてきましたが、涙液の成分(ムチン・油分・水分)のバランスが崩れる事で起こる事も多いとわかってきました。治療はそれぞれの原因によって点眼を使い分けて進めていきます。
ドライアイは治療することで改善する事がありますので、お気軽にご相談ください。

緑内障 ※40歳を超えたら、定期的な検診を


 
日本人の失明原因の第1位です。一般的には成人に多い病気です。40才以上になると増加すると言われていますが、初期症状がほとんどありません。その為、注意が必要です。
緑内障は何らかの原因によって、視神経に障害が起き、視野が狭くなる病気です。放っておくと視野が徐々に狭くなっていきます。
治療はまず点眼から開始します。良い薬がいっぱい出ていますので、点眼だけで眼圧を下げることができる場合がほとんどですが、稀には眼圧を下げるための手術が必要な人もあります。きちんと治療をしていれば失明に至ることは少ないのですが、放置すると視神経が傷み、その傷んだ視神経は現在の医学では二度と元に戻すことはできません。
早期発見・早期治療が重要な為、40歳を超えたら定期的な眼科検診をおすすめしております。
 
 

白内障


人間の眼の中には、カメラのレンズと同じ働きをする水晶体(レンズ)というものがあります。本来、透明だった水晶体が白又は黄色に濁るのが白内障です。濁りが進めば視力低下します。治療は手術等で、透明な人工のレンズと取り換えます。手術が必要な場合は、専門医をご紹介しております。
白内障の他に視力が下がる原因となる病気がなければ、良好な視力を回復できます。白内障は、若い方でもかかることがあります。見えづらいと感じたらお早目の受診を

網膜疾患


「裂孔原性網膜剥離」「糖尿病網膜症」「網膜静脈閉塞症」等、眼を見えるように機能してくれている網膜には、様々な疾患があります。それぞれ、元となる原因は違いますが、視力が低下する、視野が欠けるなど、程度によりますが日常生活に支障をきたす疾患です。
見え方に異常がある場合はお早めの検診をお勧めします。手術等が必要な場合は、専門医をご紹介しております。

眼精疲労


長引く目の疲れ。眼科の受診で改善するかもしれません。まずはご相談下さい。